【北海道地ビール】「キャロッシュ」音更町特産のニンジンを使った発泡酒を吟味! by地ビールソムリエ磯村 全祥!!

 にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ
にほんブログ村
↑ビール好きは↑ポチッと


北海道地ビールソムリエ 磯村全祥! 今日の吟味!!

キャロッシュ



carosh

carosh


原料:麦芽、ホップ、にんじん、糖化スターチ
度数:4%
商品企画:音更町農協協同組合

製造地:網走市
醸造所:網走ビール株式会社

勤務している蝦夷風花の店長から頂いた北海道の発泡酒!

相変わらず仕事中に吟味しましたw

札幌市内では、札幌駅内どさんこプラザにて販売しています。

このキャロッシュは、音更産品を使った商品としては初めて、

農水省が進める農山漁村の6次産業化事業の認定を受け、

東京農業大生物産業学部から技術指導を受け、

2年ほど前から試作を繰り返して開発し、

流氷ドラフトなどで有名な網走ビールが醸造しています!!

泡立ちは長くは続かないがクリーミーで、

人参はもちろん、リキュールのカンパリのような

オレンジとピンクが混じった色合い。

子供の頃によく食べたチューブのジュースを

凍らした「ポッキンアイス」!?の

オレンジ味の色合いにも似ております(笑)

全体的に甘めな野菜ジュースの香りですが、

北海道芦別市で製造しているタングロンや

子供用かぜシロップ・古くなったポンジュース、

ほのかな人参のアロマもあり!

味わいは炭酸は普通で、ファーストアクションで

トマトジュースやグレナデンシロップのフレーバー

だが、甘さが控えめなドライな感じ。

人参の皮やママレモンのような食器用の洗剤のフレーバーも

鼻から抜けていきます。(これがかなりなる・・・・)

その後、舌の左右にあっさりしたお酢の様な酸を感じ、

ピーマンやゴーヤ・セロリを思わせる野菜の苦味がきます。

余韻は、多少ジュースを飲んだ後のようなべたつきと

ガムのような後味・・・・

その他は、ほのかな癖のある野菜の苦味&渋味が

残りますが、さほど気になりません。。

個人的な感覚かも知れませんが、香りと味わいの

ギャップが激しく、一瞬「えっ!!」と

いうケミカル臭が気になります・・・・・・。

なんとも不思議なキャラクタービールでした。

総評すると・・・・・・・・・

炭酸入りの野菜ジュース、フェニックスガム風味(笑)

トマトジュースを入れたレッドアイなんかに

すると飲みやすいでしょう♪

どちらかというと食前酒としてよく、

ケミカル臭をいかに消せるかが、

マリアージュの課題なのでは・・・と思います!

料理とのマリアージュは、

『セロリとりんごのマヨネーズ和え
で決まりだな!!



 磯村全祥

北海道地ビールソムリエ磯村全祥


 にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村
こっちも最後にポチッと↑暖かい応援
↑よろしくお願いします!





トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

 

北海道地ビールソムリエ 磯村全祥

飲食に掛けた人生

早20年

がぶ飲み人生も早18年

これからもそれは変わらない

不滅の《Zensho》スタイル!

微塵もブレはない!

かま田別邸 蝦夷風花総料理長
磯村全祥
(北海道地ビールソムリエ)

 

 

カテゴリー